新着情報

 RSS
POLITICAL ECONOMY 131号01/12 09:19
経済産業省の相次ぐ失態 安倍政権の厳しい前途を予兆                 横浜アクションリサーチ 金子文夫  安倍政権の経済政策を主導しているのが経済産業省であることは広く知られている。首相側近の今井秘書官を筆頭に、アベ...
第30回研究会報告12/28 20:48
中央銀行にお金を作らせて景気拡大、社会保障拡大を        立命館大学経済学部教授 松尾 匡氏  11月10日に開かれた第30回研究会...
POLITICAL ECONOMY 129号12/12 15:51
イタリア混迷の理由 それは自らの構造的腐敗堕落と頑迷ドイツの石頭                         経済アナリスト 柏木 勉  イタリア連立政権は、2019年政府予算案について財政赤字抑制が不十分とするEUとの対立を...
POLITICAL ECONOMY128号12/01 08:55
廃線危機路線抱える中国地方の鉄路 支えるには創意工夫と「マイレール」意識が必要              労働調査協議会客員調査研究員 白石 利政  4月からの年度始まりを前に交通機関の春のダイヤ改正が報じられる。そのなかに路...
第1回ミニ研究会11/28 20:58
グローバル経済の限界は保護主義では克服できない                   横浜市立大学名誉教授 金子 文夫氏  経済分析研究会では、新たな試みとしてこれまでの正規の研究会とは別に規模を縮小して行うミニ研究会を9月30日に開...

メールマガジン「POLITICAL ECONOMY」の配信について

現代の理論・社会フォーラム経済分析研究会は、日本および世界の経済の動きをとらえ、認識を深めることを目的に研究会活動を行っています。経済を中心に社会、政治など知的集積の場として「POLITICAL ECONOMY」をメールマガジンとして配信しております。

 「
POLITICAL  ECONOMY」は、会員の方々による発信の場です。メーマガジンとして配信、同時にホームページ上でも公開しております。大きく動く世界と日本の経済、社会の動きを分析、発信していきたいと考えています。
 

メルマガ

メルマガ
12345
2019/01/12

POLITICAL ECONOMY 131号

Tweet ThisSend to Facebook | by:keizaiken
経済産業省の相次ぐ失態
安倍政権の厳しい前途を予兆
                横浜アクションリサーチ 金子文夫

 安倍政権の経済政策を主導しているのが経済産業省であることは広く知られている。首相側近の今井秘書官を筆頭に、アベノミクスの成長戦略は経産省を中心にして立案、実行されてきた。しかし、2018年の終りにきて、経産省の失態が相次いでいる。

 第一は、産業革新投資機構(JIC)の崩壊である。JICは、2003年設立の産業再生機構、それに続く2009年設立の産業革新機構を引き継ぐ形で2018年9月に発足した国策投資ファンドである。成長戦略の目玉として2兆円規模の政府資金を動員し、革新的な産業・企業の育成を推進することが目的とされた。しかし、発足直後に、役員の高額報酬(業績連動報酬を含め1億円超)の約束が撤回されたことが発端になり、取締役11人(社外取締役5人を含む)中、官僚出身の2人を除く9人全員が辞任という異例の事態を招いた。経産省の約束撤回は、菅官房長官の意向の反映という指摘もみられる。

 辞任の原因は、報酬をめぐる対立だけでなく、官民ファンドという仕組みに対する認識のギャップも大きかったようだ。経産省側は、政府資金を活用する以上、投資先の選定に対する認可権限を行使し、子ファンド、孫ファンドの情報開示を求める姿勢を示した。それに対して民間出身の経営陣は、投資事業に対する政府の介入、以前の官民ファンドにみられた国策的な不採算企業救済の圧力を感じたようである。結局、官と民との「いいとこ取り」をねらいながら、官民間のギャップを埋められず、成長戦略の推進装置と期待された大型ファンドの試みは、あえなく頓挫することになった。

相次ぐ原発輸出撤退

 第二は、原発輸出戦略の破綻である。国内の原発新規建設ができないなか、経産省と原発メーカーは輸出に活路を求めていたが、何年もかけて合意に持ち込んだ案件が次々に断念に追い込まれている。福島原発事故以前から話が進んでいた案件では、2012年リトアニア(日立)、2014年台湾(日立、東芝、三菱重工)、2016年ベトナムなど、計画中止が続いた。にもかかわらず、その後も、トルコ(三菱重工)、英国(東芝、日立)の計画は推進された。

 しかし、2018年12月に至り、トルコ原発は建設費高騰のため中止せざるをえなくなった。英国についても総事業費がふくらみ、英国側に追加支援を要請することになったが、まず実現は無理とみられる。トルコ、英国の挫折によって原発輸出計画は全滅状態になった。世界的に再生可能エネルギーへと転換が進む状況下、時代遅れの事業の挫折は当然
といえる。

奇策の消費増税対策と日産のゴーン追放事件

 以上2件の失態に加えて、これから問題になりそうな事案として、消費増税対策としてのポイント還元策と日産のゴーン追放事件があげられる。今回の消費増税では、はじめて食品など一部の商品に軽減税率が導入され、制度が複雑になる。それに加えて消費の落ち込みを回避すべく、様々な対策が盛り込まれる。そのなかで経産省は、キャッシュレス決済の促進という別の目的を紛れ込ませ、クレジットカードや電子マネーによる支払に5%のポイントを付ける奇策を提起した。ポイント還元の期間は2019年10月から2020年6月までの9ヵ月間に限定されており、2019年10月にそれまでの8%から5%に減税された後、2020年7月には5%から10%へと一気に増税される仕組みである。このような税率の激変はとうてい健全な税制とはいえない。それだけでなく、準備が間に合わずキャッシュレス化に対応できない零細商店、あるいは低所得層にとっては不利益以外のなにものでもない。

 日産のゴーン追放事件は、ゴーン独裁、ルノーへの従属を嫌った社内勢力のクーデターであり、社外取締役に経産省出身者が就任しているとはいえ、経産省の関与は薄い。基本的には日産のガバナンスの問題だが、それに東京地検特捜部が司法取引を通じて介入したこと、またルノーの筆頭株主がフランス政府であることから、政府間の事案に発展する可能性がある。

 おそらく経産省には、ゴーン逮捕の事前連絡はあっただろう。事件発覚直後に経産大臣が登場し、フランス政府との間でやりとりをしている。今後、金融商品取引法違反(役員報酬の有価証券報告書虚偽記載)、会社法違反(特別背任)の2件で裁判がはじまるとして、果たして有罪となるのか、専門家の評価は分かれている。仮に無罪となれば、経産省も相当の影響を受けざるをえない。

 2018年末、東京株式市場は大暴落に見舞われた。それに先立って生じた経産省の相次ぐ失態は、2019年の安倍政権の厳しい前途を予兆しているのではないだろうか。


09:19
12345

メルマガ登録

LINK

次回研究会案内

第31回研究会

「『インフラ投資』は中国経済の切り札になるのか」

講師:
徐 一睿専修大学経済学部准教授


日時:2019年4月6日(土)14時~17時

場所:専修大学神田校舎(予定)

資料代:500円













案内文
 

これまでの研究会

第22回研究会(2016年7月30日)「『国家戦略特区』は役に立つのか」(立教大学経済学部教授 郭 洋春氏)


第23回研究会(2016年10月20日)「『同一労働同一賃金』はどこまで可能か」(東京大学社会科学研究所教授 水町 勇一郎氏)

第24回研究会(2016年12月17日)「中国の超格差社会の是正は可能か」(専修大学経済学部准教授 徐 一睿氏)

経済分析研究会設立5周年記念シンポジウム(2017年3月11日)「トランプ米大統領が分断する世界経済-日本経済、破綻か再生か」

第25回研究会(2017年6月3日)「トランプ政権の通商政策と自動車産業」(専修大学経済学部教授 鈴木 直次氏)

第26回研究会(2017年10月14日)「AI革命『激変する雇用としごとの未来』(グローバル産業雇用総合研究所所長 小林 良暢氏)

第27回研究会(2018年1月20日)「異次元緩和の出口戦略を考える」((株)リコー執行役員・リコー経済
社会研究所所長 神津 多可思氏)

第28回研究会(2018年3月24日)「『一帯一路』でアジアはどう変わるか」(国士舘大学21世紀アジア学部教授 平川 均氏)

第29回研究会(2018年6月16日)「転換期の日本経済 誤った課題設定と翻弄された労働組合」(大東文化大学経済研究所兼任研究員 石水 喜夫氏)

ミニ研究会(2018年9月30日)「米中貿易戦争のゆくえ」(横浜市立大学名誉教授金子 文夫氏)

第30回研究会(2018年11月10日)「ポストアベノミクスの経済政策を考える」(立命館大学経済学部教授 松尾 匡氏)


これまでの研究会報告